話題のインフラエンジニア|ウズウズでインフラエンジニアになりませんか?

なかのひ
と
なかのひ と

この記事を読んでほしい人

話題のインフラエンジニアに興味を持っている人に読んでいただきたいです。インフラエンジニアについてシンプルにまとめています。インフラエンジニアを目指すことのできるウズウズカレッジCCNAコースも紹介していますので、是非参考にしてください!

みなさんこんにちは、転職マネジメントです!

今回のテーマは「話題のインフラエンジニアとは?UZUZ(ウズウズ)でインフラエンジニアになりませんか? 」です。

みなさん突然ですが、インフラエンジニアはご存知ですか??エンジニアというと、サイトを開発したり、アプリを開発する、というのを想像する方が多いのではないでしょうか?

世間ではあまり認知度が高くないインフラエンジニアですが、実はインフラエンジニアの需要は年々高まるばかりです。後々でも紹介しますが、エンジニア未経験の方が挑戦するにはインフラエンジニアはまたとない機会です!

記事では、そんなポテンシャルの高いインフラエンジニアについて解説するとともに、インフラエンジニアになることに直結するウズウズカレッジCCNAコースを紹介しています。

目次

インフラエンジニアとは?

世界のI Tテクノロジーへの依存度が高まった結果、企業や組織のデジタル環境を最適に機能させるためのIT関連の仕事が増えています。デジタル環境に関係するインフラエンジニアは、IT市場で最もポテンシャルの高い仕事の一つといえます。

インフラエンジニアの役割を一言で説明すると、インフラエンジニアはデジタル環境の維持・調整役です。

インフラエンジニアは、最新技術を用いたITインフラの設計、構築、導入、保守を担当します。あらゆる規模のビジネスをサポートする全てのITシステムが効率的に機能することを保証する業務を担当することになります。

5Gの普及・DXの推進・リモートワークの増加、という社会情勢の恩恵を大きく受けるのがインフラエンジニアです!

インフラエンジニアの業務内容

こちらの紹介動画を参考にしていただけると、インフラエンジニアの業務内容がざっくりと分かると思います。

動画でも説明されていますが、インフラエンジニアの業務内容は大きく分けて2つあります。

業務内容①:運用・保守

運用・保守では、構築されたシステムを運用・保守します。具体的な業務を紹介すると、セキュリティチェック・アカウント管理・障害対応などが挙げられます。

運用・保守はオペレーターとしての役割も求められるので、技術を習得するハードルが比較的に低くなっています。インフラエンジニアとしてキャリアを歩み始める第一歩の業務ですね。

業務内容②:構築・設計

構築・設計では、システムの要件定義を行い、システムを実際に構築していきます。より上流工程に近い業務内容を担当することになります。構築・設計へキャリアアップすると、より大規模なプロジェクトを俯瞰して関わることができるようになります。

インフラエンジニアの業務内容は大きく分けて、「運用・保守」と「構築・設計」になり、キャリアプランとして考えられるのは、まず「運用・保守」業務を担当して経験を積んで技術力を高めてから、「構築・設計」業務へ移行する、というプランです。

市場ニーズの高いインフラエンジニアで、自身の市場価値を高めることができれば、将来設計も明るくなるでしょう。

インフラエンジニアがおすすめの理由

ここで改めてインフラエンジニアがおすすめの理由を2つのポイントで解説します。

おすすめの理由①: 未経験でも就職しやすい

インフラエンジニアの市場ニーズは高いですが、一般的な認知度は低いです。つまり、圧倒的にインフラエンジニアが足りていない状況にあります。インフラエンジニアの技術・資格を持っている人は少ないので、未経験の方がインフラエンジニアになるには絶好のチャンスです。

サイトやアプリの開発系のエンジニアは認知度が高く競争率も激しいです。未経験でも就職しやすいインフラエンジニアに挑戦することは、合理的なのかもしれません。

おすすめの理由②:安定性

インフラエンジニアは不況に強い職種になります。インフラを扱っているので、当然ながら不況には強いです。不況の状況では、安定性があるインフラエンジニアは心強くて安心感を持つことのできる職種ですね。

さてインフラエンジニアの簡単な解説をしてきましたが、ここからはインフラエンジニアになるための一つの方法として、ウズウズカレッジCCNAコースを紹介します。

UZUZ(ウズウズ)の紹介

まず簡単にウズウズカレッジCCNAコースを提供する、UZUZ(ウズウズ)社の紹介をします。

ウズウズは「自らと若者がウズウズ働ける世の中をつくる」というミッションをもとに、第二新卒・既卒・フリーターに特化した求人紹介&就業サポートを行う企業です。

ミッションには、

「働く」という行為に対して“ウズウズ”するくらいの気持ちで取り組めれば、世の中がもっと明るくなるんじゃないか

という想いが込められており、若者が“ウズウズ”働けるようなサポートや仕組みを創出しています。

20代の就職サポート実績は18,000人以上で、とても信頼のおける企業です。実績のあるウズウズが提供しているインフラエンジニアを目指すサービスが、ウズウズカレッジCCNAコースになります。

ウズウズカレッジCCNAコース

UZUZ(ウズウズ)公式サイト

ウズウズカレッジCCNAコースはインフラエンジニアを目指す未経験者を対象としたITスクールです。コースではCCNAという資格の取得を目指します。

CCNAとは知名度が高いインフラエンジニアの登竜門的な専門資格です。CCNAは採用時にも優遇される資格なので、CCNAを取得することは、インフラエンジニアとしての就職する上で強力なアピール材料になります。

CCNAを取得すると中小規模のネットワークの構築・管理・運営や、同社製のルーターや機器を利用した単純なネットワークの導入・設定・トラブルシューティングができる能力が認定されます。

CCNAを取得する方法としては、独学とI Tスクール(ウズウズカレッジCCNAコースなど)があります。

独学のメリットはI Tスクールと比較してお金がかからない点です。一方で、I Tスクールのメリットは、効率的・効果的に勉強を進めることができることが挙げられます。

ある程度の業界経験がある方は独学でも問題はないかと思われますが、未経験でどこから手をつけて良いのか分からない方は、I Tスクールを活用してCCNAを取得する方が効率的です。以下のようなストレスを回避することができます。

こんなお悩みありませんか?
  • どんな参考書を使えば良い?
  • どんな勉強法をすれば良い?
  • 分からない時に誰に質問する?

独学では立ちはだかる壁をI Tスクールを活用すれば、スムーズに乗り越えることができます。CCNA取得にI Tスクールを活用することは、合格への最短距離です。

ウズウズカレッジCCNAコースは、CCNA取得を目指すI Tスクールです。ウズウズカレッジCCNAコース独自の特徴を3つ紹介します。

ウズウズカレッジの特徴①:きめ細かいサポート

ウズウズカレッジCCNAコースには、専任の講師がつきます。勉強についてこれない受講生を出さないためにも、専任講師がしっかりと学習をサポートすることで、勉強のつまづきを回避します。

わからないことがあれば、回数制限なしで質問も可能です。回数制限なしで質問できるところがポイントです。ちょっとした疑問も気兼ねなく質問できるので、学習をスムーズに進めることができます。

学習形式も豊富で、eラーニング学習・個別講義(Zoom)・チャットサポート・個別メンタリングというラインナップを揃えています。自分のスタイルで勉強を進めることができるのは、とてもありがたいですよね。

ウズウズカレッジの特徴②:充実した学習コンテンツ

ウズウズカレッジCCNAコースの学習動画の一部がYouTubeにて公開されています。こちらのCCNA学習動画は、YouTubeでNo1の再生数&高評価率98.2%を誇ります。

ウズウズカレッジCCNAコースを受講すると、YouTubeでは公開していないカリキュラムを専任講師の指導の元で全て受講することが可能です。

特徴③:確かな就職サポート

ウズウズは20代の若者向けの就職支援サービスを提供しているので、ITスキルだけでなく就職支援でもプロのキャリアアドバイザーが万全のサポートを行ってくれます。

就職サポートの実績を説明すると、ウズウズカレッジを利用したユーザーはこのような企業に就職しています。

資格をとるだけのサポートでは、就職先を自ら見つけないといけないので大変ですよね。ウズウズカレッジCCNAコースは就職サポートまで対応しているので、勉強に集中することができます。

頭を悩ます面接対策も行ってくれるので、ぜひ活用してください。

利用者の声

ウズウズカレッジを受講したみなさんのリアルな声を紹介します。卒業生の方の率直な意見です。こちら

自分のキャリアを変えるきっかけとして、ウズウズカレッジを利用している方が多いようですね。ウズウズカレッジは、何か新しいことにチャレンジしたい、現状を打破したいという方に向けたサービスですね。

ウズウズカレッジCCNAコースを利用するべき?

結論として、ウズウズカレッジCCNAコースのオススメ率を紹介します。

ウズウズカレッジCCNAコースのオススメ率:80%!

ウズウズカレッジCCNAコースはとても魅力的なI Tスクールです。卒業生の声や実績から分かる通り、コースを受講すればインフラエンジニアとしてのキャリアを進められる可能性がグンっと高まるでしょう。

では、なぜオススメ率が80%なのかというと、インフラエンジニアになるには自分自身の意思がとても重要になるからです。

ウズウズカレッジCCNAコースではきめ細いサポートを提供していますが、勉強するのはあくまで自分自身です。

「インフラエンジニアになろう!」という意思がなければ、ウズウズカレッジCCNAコースを受講してもインフラエンジニアになることは難しいと思います。

しかし、インフラエンジニアになりたい気持ちはあっても不安は尽きないですよね。インフラエンジニアという職種と自分自身との相性も気になりますし、本当に勉強についていけるのか、という不安もあると思います。

インフラエンジニアになることへの不安を解消するために、ウズウズの相談会に参加してみませんか?

新しいことを始めるには不安がつきものです。相談会に参加して不安をクリアにし、インフラエンジニアへの道を進みましょう!

UZUZ(ウズウズ)公式相談サイトはこちら

まとめ

今回はインフラエンジニアとウズウズカレッジCCNAコースを紹介させていただきました。

まとめ
  • インフラエンジニア:デジタル環境の維持・調整役
  • インフラエンジニアは未経験でも就職しやすい
  • インフラエンジニアになるにはウズウズカレッジCCNAコースがおすすめ

最後にウズウズカレッジCCNAコースの料金について説明します。料金は、150,000円(税込:165,000円(3ヶ月分))になります。

他社と比較すると高価ではないですが(A社:648,000円~(※3ヶ月分)、B社172,000円~(※25時間分))、それなりの金額はします。

しかしウズウズカレッジCCNAコースのきめ細かい学習サポートと就職サポートは、冷静的に考えても料金以上のサービスではないでしょうか。

効率的・効果的に勉強をすることができて、確かな就職活動もすることができる。これ以上の機会はなかなかないです。

相談会を通じて不安を解消することができたら、ぜひウズウズカレッジCCNAコースにて自分自身のキャリアを切り開いてください!!

未経験からエンジニアに【CCNAコース】

以上で今回の記事は終了です。転職マネジメントでは、転職・キャリアに関する情報を発信しています。Twitterでも情報を発信していますので、ぜひチェックしてみてください!