転職マネジメント運営者のプロフィール紹介

みなさんこんにちは!

転職マネジメントにお越しいただきありがとうございます!

今回は転職マネジメント運営者について紹介します。

どんな人が転職マネジメントを運営しているのかを理解しているとより安心感があると思うので、自己紹介させていただきます。

それではよろしくお願いします!

転職マネジメント運営者の経歴

それでは早速、転職マネジメント運営者の経歴を紹介します。

経歴
  • 名古屋大学経済学部卒業
  • 東京大学大学院経済学研究科卒業
  • 外資系コンサルティング企業に在籍

高校生の頃から経営に興味があり、漠然とM B A(経営学修士)を取得したいと考えていました。

学部では主にイノベーション・デザインに関して学びました。

学卒後すぐにMBAを取ろうと思っていたのですが、一般的に英米系のM B Aを取得するには少なくとも3年程度の就業経験が必要です。

そこで学部卒でも入学できる日本のM B Aを探していたところ

縁がありまして、東京大学大学院の経営学修士課程に入学することになりました。東大の、ものづくりの分野に強いことに魅力を感じていました。

ところで、実は東京大学の経営学修士は一般的なM B Aとは少し違います。

一般的なM B Aはビジネススクールとして、ビジネスパーソンを輩出することを目的にしています。

それに対して経営学修士は研究者養成機関の色が強く、経営学者を養成することを目的にしています。

東大は研究者養成機関の色が濃いけれども、卒業後にビジネス界に行くルートも想定しているというスタイルです。

学ぶ内容もビジネススクールとは異なり、ケースメゾットなどの実践的なスタイルではなく、学術的なスタイルで経営を学びました。

想定していたM B Aとは違いましたが、振り返ってみると、学問として経営学を学べたことはとても貴重だったと感じています。

経営学で学んだ経営に対する考え方や研究手法はビジネスの世界でも役に立つと思うので、試行錯誤しているところです。

ちなみに大学院ではデザインのマネジメントを専門に研究していました。

デザインのマネジメントで話をお聞きになりたい方は、是非ご連絡ください!

転職マネジメントでやりたいこと

ビジネスの世界に身を置いている自身の関心はキャリアに関するものです。

みなさんも同じかもしれませんが、仕事やキャリアに関してはとても悩みますよね。

「このまま働いていて良いのかなぁ」と悩んで転職サイトなどを見るのですが、情報が多すぎて何を参考にすれば良いのか分からないです。

ビジネス書によくあるサクセスストーリーもカッコイイですが、本当に参考になるのでしょうか?

成功した人の能力が高すぎた可能性もありますし、時代の影響もあるかもしれないです。

つまり再現性が分からなくて、一般性が乏しいんですよね。

いろいろと検索してみても、転職・キャリアに関して有益な情報は非常に少ないと思います。

そこで学んできた研究の知識が生かせるのではないのかと考えました。経営学修士であるので、転職やキャリアに関する専門的な研究はカバーすることができます。

つまり転職やキャリアに関する研究を読み解くことで有益な情報を得ることができるのです。

なぜ研究成果が他の情報源よりも有益なのかというと、先輩方の研究の積み重ねや、正統的な研究プロセスによって、理論の整合性・信頼性・蓋然性が一定の割合で担保されているからです。

情報が溢れている転職・キャリア界隈では、研究成果を活用して有益な情報を得ることが非常に有効だと思います。

それでは皆さんも研究を見てみようとなるかもしれませんが、正直なところ難しいケースが多いかと思います。

何故なら以下のような課題があるからです。

  • 皆さんお忙しいので、研究を読む時間が取れない。(専門的な研究を読み解くにはかなりの時間を要します。)
  • 専門用語が多いので、何を言っているのか分からない。専門用語を調べることは手間だし、独特な書き方もよく分からない。
  • そもそも内容が難しい。分析結果を読み取ることや、結果を解釈することが難しい。
  • イケてる論文の目利きが分からない。

ただでさえお仕事で疲れているのに、時間をとって研究を読み解くことは大変ですよね。

そこで転職マネジメントは皆さんの代わりに、知見を生かしてイケてる研究を分かりやすく解説します。

まとめ

tm_study10-3

転職マネジメントが皆さんに有益な情報を提供することで、転職・キャリアに関して安心感を感じることができれば幸いです。

転職マネジメント自身も成長しながら、活動していきたいと考えています。

温かい応援のほどよろしくお願いいたします。

転職マネジメント