リモートワークとは?|リモートワークのメリットと疑問の解説

みなさんこんにちは!転職マネジメントです!

今回はリモートワークについて解説します。

リモートワークは増加傾向にありますので、リモートワークを既に経験したことがある人は多いのではないでしょうか。

何気なしにリモートワークをしている方もいれば、リモートワークは本当にメリットがあるのか疑問に感じている人も多いかと思います。

そこで今回の記事では、リモートワークのメリットやリモートワークに関する疑問を整理することで、リモートワークに対する理解を深められるようにしています。

目次

リモートワークとは?

リモートワークは特定の場所で仕事をする必要はないというコンセプトに基づいています。毎日通勤して指定されたデスクで仕事をするのではなく、リモートワークでは好きな場所で仕事をすることができます。

パソコンとインターネットさえあれば、いつでも・どのような方法でもリモートワークに集中することができます。自宅・オフィス・近くのカフェなどで仕事ができて、必要なときには会社のオフィスで仕事をすることができるのです。

リモートワークのメリット

リモートワークには、従業員と雇用主の両方にとって多くのメリットがあります。いくつかの利点を整理してみましょう。

リモートワークのメリット①:柔軟なライフスタイル

リモートワークを活用することで、より柔軟なライフスタイル実現することができます。仕事を早めに開始して早く終わらせてしまうこともできますし、自分自身のスキルアップのための勉強時間を割くために、仕事の開始時間を遅らせることもできます。

リモートワークのメリット②:健康

リモートワーカーは、オフィスにいる従業員よりもストレスが少なくモチベーションが高いことが明らかになっています。

通勤時間がなくなることは大きなメリットの一つです。満員電車に揺られなくて済むだけで、気分が軽くなりますよね。通勤時間が減ることで生まれた時間で好きなことをすることができます。

オフィスに通勤している人は運動や食事を楽しむ機会が少ない傾向がありますが、リモートワーカーにはそのような障壁は少ないです。

リモートワークのメリット③:安心して働ける環境

リモートワークでは人生のあらゆるライフイベントでも従業員が安心して働ける環境を提供します。パソコンさえあれば、自宅でも外出先でも病院からでも仕事ができます。産休でも仕事をしやすくなりますし、転勤の必要性も少なくなります。

リモートワークのメリット④:モチベーションアップ

自分好みの環境で仕事をすることができるので、ストレスやプレッシャーを感じるのではなく自分の役割に集中することができます。

自分に合った方法で気晴らしをすることができるので、精神的健康を保つことができます。自分好みの働き方を実施できるので、おのずとモチベーションが向上します。

リモートワークのメリット⑤:生産性の向上

リモートワークでは生産性の向上を期待できます。調査によると、フルタイム従業員の65%がリモートで働くことで生産性が向上すると考えており、上司もそれに同意しています。調査対象となった管理職の3分の2は、リモートで働く従業員の全体的な生産性が向上したと報告しています。

リモートワークでは気が散ることが少ないので、生産性が向上すると考えられています。会社で働いていると仕事を中断させる用事が続出してしまいますが、リモートワークでは自分のペースで集中して仕事に取り組むことがきます。

リモートワークのメリット⑥:コスト削減

オフィスに要する家賃や家具などのコストを削減することができます。チーム全体がリモートでなくても、リモートワーカー1人当たり年間約200万円を節約できるという調査報告もあります。

リモートワークのメリット⑦:多様な人材採用

多くのミレニアル世代がリモートワークを提供している企業に興味を持っているので、リモートワークを提供している企業は優秀な人材を採用する上で有利な立場にあるのかもしれません。

リモートワークを採用することによって、従業員は大企業のある物価の高い都市に住む必要がなります。あらゆる地域の多種多様な人がリクルーティングに参加できるので、人材の多様性を実現することも可能になります。

リモートワークに関する疑問

リモートワークに対する認知は高まっていますが、いまだにリモートワークについて疑問を感じている人は少なくないはずです。ここでは、一般的なリモートワークに関する疑問を紹介します。

リモートワークへの疑問①コミュニケーションの問題

リモートワークでのコミュニケーションは、パソコンを活用したビデオ会議とコミュニケーションツール(メール・チャット機能のあるアプリケーション)がメインになります。会議でのコミュニケーションは小さい画面になり、多くの人が新しいコミュニケーション方法に慣れていないことは事実です。

しかしビデオ会議はお互いの繋がりを再認識させることが可能なので、バーチャルな人間関係を築くことができます。コミュニケーションツールも活用することで、業務に関する質問を気軽にすることも可能になります。

ビデオ会議やコミュニケーションツールを活用すれば業務を円滑に進めることも可能ですが、デジタルツールのために特別な注意がいくつか必要でしょう。

例えば、ある従業員がコミュニケーションツールで発言を無制限にしてしまうと、他の従業員に通知が沢山届いてしまい迷惑をかけてしまうことになります。

ビデオ会議での発言のルールやコミュニケーションツールの運用ルールを前もって設定しておくと良いです。

リモートワークへの疑問②サボっているのか心配

リモートワーカーがパジャマ姿で一日中ベッドに座っており、たまにしか仕事をしていないという心配が拭いきれないかもしれません。確かにリモートワーカーは通勤している従業員とは異なって、様々な勤務スタイルを実施しています。

例えば、朝早く起きてハイキングをしてから勤務するリモートワーカーもいますし、ラフな格好で仕事をするリモートワーカーもいます。しかし事実として、多くのリモートワーカーはきちんと仕事をこなしています。

正確に一日8時間も椅子に座っているかどうかを監視するのではなく、仕事の成果を判断することの方が企業にとっても重要なはずです。

リモートワーク導入をきっかけに、仕事のプロセスではなくアウトプットで従業員を評価する姿勢を強めた方が社員にとっても企業にとっても良いのかもしれないです。

リモートワークへの疑問③従業員が孤独を感じるのでは?

リモートワークによって従業員が孤独に感じてしまうリスクはとても高いです。従業員の孤独感に対策するにはオンラインイベント等で従業員とのタッチポイントを増やすと良いです。

仕事の会議だけではなく、勉強会や交流会をオンラインで開催することで、オンラインでの人間関係を構築することが出来ます。

コワーキングスペースの活用

リモートワークでコワーキングスペースを活用することも可能です。コワーキングスペースは、様々な人たちと出会う機会があります。

自宅で仕事をするような快適さと、会社にあるような専門的な設備を活用することができるので、在宅勤務に疲れた時にコワーキングスペースを活用すると良いでしょう。

まとめ

今回はリモートワークについて解説しました。

リモートワークのメリット・疑問を解説しましたので、リモートワークに関する情報が整理されたのではないでしょうか?

転職マネジメントではリモートワークのコツなども紹介していければと考えていますので、気になる方はtwitterもチェックしてくださいね!