ペルソナとは?|ペルソナのメリットを解説します!

なかのひと
なかのひと

この記事を読んで欲しい人

ペルソナについて興味を持っている方に読んでいただきたいです。ペルソナのメリット・作成方法を簡単にまとめています。ペルソナの注意点についても紹介しています。この記事を読めば、ペルソナの理解を深めることができると思います。

みなさんこんにちは、転職マネジメントです!

今回のテーマは「ペルソナとは?|ペルソナのメリットを解説します!」です。

ペルソナのメリットやヒントを解説しながら、簡単にペルソナについて紹介しています。シンプルにまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

目次

ペルソナとは?

ペルソナとは調査に基づいて作成する架空のキャラクターのことで、サービス、製品、サイト、ブランドなどのシチュエーションで、さまざまなタイプのユーザーを表現するためのものです。

ペルソナを作成することで、デザイナーはユーザーのニーズ、経験、行動、目標を理解することができます。個人的な文脈を理解することで、共感を得ることができるようにするのです。

ペルソナは常に実際のユーザーに関する観察から作成するべきであり、ユーザーに対する思い込みからペルソナを考案するべきではありません。まずはニーズとユーザーの両方を明確に定義する必要があります。

ペルソナの作成方法として一般的なのは、観察から得られた特定の傾向やパターンを擬人化することです。ペルソナは複数の個人から収集した実際のデータに基づいて構成されます。

ペルソナを作成することで、人によって異なるニーズや期待があることを認識するのに役立ちますし、デザインの対象となるユーザーを特定するのにも役立ちます。

ペルソナはデザインで活用されるケースが多いですが、デザインの世界以外でも活用することができます。ペルソナは、エンドユーザー・顧客・ターゲット市場をよりリアルなものにします。

ペルソナのメリット

次にペリソナを導入するメリットをいくつか紹介します。

ペルソナのメリット①:共感を生み出すことができる

ペルソナは共感を生み出すことができます。ペルソナによってユーザーの個人的な特徴を明らかにすることができるので、リアルな生活でのユーザーのニーズや目標をより理解することができます。現実的な描写をベースにしたペルソナを活用することで、ユーザーに対する共感を生み出すことができるのです。

ペルソナのメリット②:独りよがりな視点から脱却することができる

プロジェクトにペルソナを導入すると、自分たちのために製品・サービスを設計することを防ぐことができます。製品・サービスを開発していると、集中しすぎるあまりにユーザーの存在を忘れてしまうこともまります。

ことあるごとにペルソナを参照することによって、独りよがりなサービスを作ってしまう可能性を低くすることができます。

ペルソナのメリット③:振り返りのポイントになる

プロジェクトを振り返る際に、ペルソナはとても良いチェックポイントになります。ペルソナを基点に立ち返ることによって、現実的なアイディアを構想することができます。

ペルソナという分かりやすい評価指標があることで、チーム全体の焦点を統一することができます。プロジェクトが煮詰まったり焦点がぼやけてしまった時に、ペルソナを振り返ることで、チーム全体の焦点が調整され現実的で顧客に寄り添った視点で発想することができるのです。

ペルソナの作成方法

効果的なペルソナの作成方法について説明します。今回紹介するペルソナの作成方法は簡単な一例になります。

ペルソナの作成ステップ①: データの収集

最初のステップでは、ユーザーに関する情報や知識をできるだけ多く収集します。データは、さまざまな情報源から得られることがあり、組織内の既存の知識から得られることもあります。ユーザーについての洞察を得るためのユーザーリサーチをすると良いでしょう。

ペルソナの作成ステップ②: 仮説

最初のステップで収集したデータに基づいて、さまざまな種類のユーザーの一般的な仮説を作成します。

ペルソナの作成ステップ③:カスタマージャーニー作成

ユーザーのニーズを解決する経緯を説明するカスタマージャーニーを作成します。カスタマージャーニーは、製品とユーザーのインタラクションをより良くイメージするために使用されます。カスタマージャーニーのシナリオは一つとは限らず複数にまたがることもあります。

ペルソナの作成ステップ④:ペルソナの記述

ユーザーのニーズ、動機、願望、価値観に注意を払いながら、典型的なユーザーに関して簡単な記述をします。ステップ③で作成したカスタマージャーニーにペルソナを組み入れましょう。ペルソナと読者との間に共感を生み出すストーリーを作成することがポイントになります。

ペルソナの作成ステップ⑤:ペルソナの選択

ペルソナの数が多すぎると何にフォーカスすれば良いのかわからなくなってしまうので、理想的なペルソナの数は限られています。典型的なユーザーを最も代表する3~6人のペルソナを選びましょう。限られた数のペルソナを選択することで、製品設計に集中することができます。

ペルソナの作成ステップ⑥:ペルソナの共有

このプロセスで定義したペルソナをプロジェクトチーム全体で共有し、ユーザー・顧客に対して組織全体の共通理解を得ることが重要です。

ペルソナの注意ポイント

ペルソナの注意ポイントを説明します。

注意ポイント①:早期にペルソナを作成すること

プロセスの早い段階でペルソナを作成することで、ユーザーをより具体的に理解するための強固な基盤ができて、ステークホルダーの共感・理解を生み出すためのツールが得られます。また設計プロセスを振り返るときに、しっかりとしたタッチポイントを得ることができます。

プロジェクトの早期にペルソナを構築すると、調査結果からの洞察を固めて課題を特定するのに役立ちます。ペルソナを構築していくうちに、自然と共感が生まれ、初期の調査で見落としていたパターンが見えてきます。

注意ポイント②:チーム全体の理解を得ること

ペルソナについて理解を深めることが大切です。ペルソナを一度作成しただけでお飾りになってしまっては、ペルソナの効果を最大限に発揮することができません。

ペルソナを最大限に利用するにはチーム以外の人からも賛同を得ましょう。ペルソナが該当プロジェクトにだけ認められている状態では、ペルソナの有効性が制限されてしまいます。

対策方法としては、リーダーの理解を得ることが考えられます。リーダー層にペルソナを提案します。リーダー層にペルソナがユーザーの統一されたビジョンを生み出し、それらのユーザーのニーズへの共感を高め、ユーザー中心の製品体験を生み出すことができることを理解してもらうようにしましょう。

リーダー層を巻き込むことによって、ペルソナを全社的なプロジェクトにすることができます。一度プロジェクトでペルソナを設定したら、ミーティングやワークショップに積極的に開催し、他のプロジェクトで活動する同僚にも理解してもらいましょう。

注意ポイント③:プロジェクト毎にペルソナを作成すること

面倒ではありますが、プロジェクト毎にペルソナを作成するようにしましょう。ペルソナは製品の特定の側面を念頭に置いて作成されるものです。この注目する焦点によって、使用するデータの種類、関与するチーム、作成するペルソナのすべての詳細が決まります。

ですので、すべてのプロジェクトで同じペルソナを使用していると、ペルソナが的外れになる可能性があります。新しいプロジェクトが始まるたびに、解決しなければならない問題が新たに発生し、異なるユーザーのニーズや目標に焦点が当てられます。プロジェクト毎に、新しいプロジェクトの目標を念頭に置いて、ペルソナを再構築しましょう。

まとめ

どのようなペルソナを構築するにしても、最も重要な仕事は、ペルソナがユーザーのニーズや目標を正確に表しているかどうかを確認することです。ペルソナの最も重要な目標は、ユーザーの理解と共感を生み出すことになります。独りよがりなペルソナにならないように注意しましょう。

ペルソナを作成するメリットは多岐に渡りますので、みなさんも今回の記事を参考にしてペルソナを作成してみてはいかがでしょう?

以上で今回の記事は終了となります。この記事でペルソナについて理解していただくことができたら嬉しく思います。

転職マネジメントでは、転職・キャリアに関する情報をtwitterでも発信していますので、ぜひチェックしてください!