瞑想とは?|瞑想の効果とやり方を簡単に解説します!

みなさんこんにちは、転職マネジメントです!

今回は瞑想のメリット・瞑想の簡単な実施方法を解説します!

それではよろしくお願いします!

目次

瞑想とは?

もともと瞑想という言葉は、何かについて深く考えることを意味します。今日では、瞑想は深く考えるというよりも、意識を集中させるという意味合いが強くなっています。

瞑想はリラクゼーションや集中など、意識を含む精神的な運動です。通常は座った状態で目を閉じて行われます。

瞑想は、幸福感、創造性、マインドフルネスの向上が期待されており、多くの著名人も瞑想を実施しています。例えばスティーブ・ジョブズは瞑想を生活に取り入れていたと言われています。

最近では生活ストレスを軽減するために、瞑想の人気が高まっています。

瞑想は個人的な練習なので多くの方法があります。瞑想のやり方は人それぞれに適した方法があるので、自分に合った最適な練習を見つけることが大切です。

瞑想すると脳内で何が起こるか

瞑想時に脳内で何が起こっているのかをスキャンすると、瞑想した時に脳内で何が行われているのか解明することができます。全体的な違いは、脳が通常のように情報を積極的に処理しなくなることです。

瞑想を継続的に行うことで、日常生活での行動が少しずつ変化していきます。怒りが減少し、より良い意思決定を行うことが可能になり、不満が少なく落ち着いた状態になります。

瞑想のメリット

黙想は健康・感情を良い状態に保ち、多数の病気を防ぐのを助け、仕事のパフォーマンスを改善する、といった効果を期待することが出来ます。

数ある瞑想のメリットの中から、今回は瞑想のメリットを6個ほど紹介します。

瞑想のメリット①:共感力の向上

黙想は共感や優しさといったポジテイブな感情を脳に引き起こします。黙想状態に深く入り込むことは、人をより愛情深く友好的にする傾向があります。

瞑想のメリット②:認知力・理解力の向上

瞑想の実践によって、問題解決能力と意思決定力を改善することが期待されます。

高い認知レベル・理解力が求められる専門家にとっては、瞑想による認知力・理解力の向上は成功するための一つの方法であると考えても良いでしょう。

瞑想のメリット③:ストレスレベルの改善

ストレスは予想外の事態に対する体の反応です。脅威に遭遇すると、ストレスホルモンのレベルが上昇し自律神経系を活性化させ、闘争反応を引き起こしてしまいます。

瞑想を継続的に行なっている人の脳は、ストレスホルモンのレベルが低いことが明らかになっています。瞑想によってストレスレベルが改善されているのです。

瞑想のメリット④: 精神的健康の向上

瞑想が自己認識のレベルを向上させることが研究によって示されています。瞑想によって、心模様を理解することが可能になり、その瞬間の感情や行動を引き起こす思考のクセに気づくことができるようになります。

瞑想によって自分の思考のクセに気づくことで、ポジティブシンキングを促進することが可能になり、精神的な健康を向上させることができるのです。

瞑想のメリット⑤:身体的な痛みへの対処

研究によると瞑想が体内の痛みの感覚を軽減させる可能性があることが示されています。

痛みの原因が心理的なものにある場合は、瞑想は心理的に知覚された痛みをシャットダウンする能力があるのではないかと考えられています。

物理的な痛みを瞑想が無くしてしまうわけではないですが、瞑想によって感覚に関連した領域の脳の活動を減少させるのです。

瞑想のメリット⑥:物忘れ防止の効果

注意力と集中力を高めることによって、瞑想は心の若返りを助けます。

瞑想の練習はストレスを軽減するだけでなく、加齢に伴う記憶力の低下の問題をサポートします。

高齢者の方が1日に2分でも良いので瞑想を実践するように促すことで、物忘れ防止に大きな違いをもたらすことが出来ると言われています。

瞑想の実践方法

瞑想にはさまざまな種類のものがあります。多くの場合は目を閉じて行われますが、ウォーキングをしながら瞑想を行う方法もあります。

今回は瞑想の中でも代表的なマインドフルネス瞑想について解説します。

マインドフルネス瞑想とは?

マインドフルネス瞑想とは、呼吸や体の感覚、体の外にある特定の物体など、特定のものに集中する瞑想方法です。

マインドフルネス瞑想では、呼吸・音・体内の感覚、視覚的情報といった特定のものに意識の焦点をあてます。特定のものに意識を保つことは、マインドフルな状態で瞑想を開始するために重要です。

マインドフルネス瞑想のやり方

マインドフルネス瞑想の方法を紹介します。

まずは瞑想を行う前に、瞑想を行う準備が出来ているのか確認しましょう。

瞑想のチェックポイント

場所

  • 静かな場所で、瞑想を中断されずに座ることができる場所が良いでしょう。静かで清潔で整頓された場所が理想的です。携帯電話をオフにしておくことも忘れずに。

姿勢

  • リラックスすることが重要です。緊張せずに快適に座ってください。まっすぐ座ることが理想的です。クッション、毛布、椅子を利用することも可能です。

瞑想に最適な時間帯

  • 瞑想するのに最もよい時間帯は朝になります。心を落ち着かせて誰にも邪魔されずに瞑想に取り組むことが出来ます。瞑想をするには朝が理想的ですが、リッラックスして取り組めるのであれば、どの時間帯でも構いません。

瞑想の長さ

  • 最初は短い時間で構いません。瞑想を5分から始めていき、週に1~2分ずつ増やして、最終的に20分以上の長さで瞑想をできることを目標にしましょう。

次に瞑想の呼吸方法を確認します。

瞑想の呼吸方法

優しく呼吸をしましょう。呼吸に意識を集中します。気が散ってしまったら、気が散ってしまった思考のクセを認識してから、余計な思考を頭の外に流し出します。その後、呼吸に注意を取り戻します。

瞑想中に気が散るのは避けられないことです。心が散漫になっていることに気づくことはとても大切です。散漫な心に気づく訓練によって、集中力を保ち注意を払う能力を強化することが出来ます。

瞑想の5つのヒント

最後に瞑想を快適に行うための5つのヒントを紹介します。瞑想が上手くできていないと感じた時は、次のチェックポイントを参考にしてくださいね!

  • 体が疲れていないこと
  • 目を覚ましていること
  • 満腹の状態でないこと
  • 快適な服装であること
  • リラックスしていること

まとめ

瞑想において最も重要なのは、瞑想を行うことを習慣化することです。一回一回の瞑想時間の長さよりも継続的に瞑想を行うことが大切です。

瞑想の効果を体感するには継続的に瞑想を行う必要があります。

まずは5分で良いので瞑想を習慣化することを目標にしてみてはいかがでしょうか?

以上で今回の記事は終了となります。

転職マネジメントは転職・キャリア形成に関する情報を発信しています。瞑想においても転職・就活で活用できる方法を紹介していきますので、今後もぜひチェックしてくださいね!