アイスブレイクとは?|アイスブレイクのメリットと代表例の紹介

なかのひと
なかのひと

この記事を読んで欲しい人

アイスブレイクに興味のある方に読んで欲しいです。アイスブレイクに関して、メリット・種類・注意点をシンプルにまとめています。この記事を読めばアイスブレイクに関する基礎的な知識を習得することができると思います。

みなさんこんにちは、転職マネジメントです!

今回のテーマは「アイスブレイクとは?|アイスブレイクのメリットと代表例の紹介」です。

アイスブレイクはやったことがある方も多いのではないでしょうか。アイスブレイクの目標やメリットを理解することで、アイスブレイクの効果を最大限に引き出すことができますので、ぜひ本記事を参考にしてください。

アイスブレイクのメリットやヒントを解説しながら、アイスブレイクについて紹介しています。簡単にまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

目次

アイスブレイクとは?

アイスブレイクとは会議やイベントで、参加者同士が気楽に交流するために考案されたセクションです。

アイスブレイクは、トレーニングセッションやチームビルディングイベントを始める際に効果的な方法です。本編の前に行われるインタラクティブで楽しいセッションは、参加者同士がお互いを知り合い、イベントの目的を理解するのに役立ちます。

アイスブレイクには、簡単な一問一答のものから、手の込んだチームゲームまで、さまざまな種類があります。すべてのアイスブレイクは、参加者がお互いを知り合い、親密な関係を築くのに役立つように設計されています。

参加者がお互いを知らない場合でも、すでに顔見知りの社員であっても、ウォーミングアップには非常に効果的です。効果的なアイスブレイクは、トレーニングクラスやミーティングの会話を促し、参加者が交流を楽しみながらセッションに参加できるようにします。

アイスブレイクのメリット

アイスブレイクは参加者がお互いのことを知らない場合は、自己紹介をするのに役立ちます。アイスブレイクを使うことで、参加者は安心して発言できるようになります。

普段一緒に仕事をしていない人や、お互いのことを全く知らない人が、特定の共通の目的を果たす際によく使われます。

以下にアイスブレイクの代表的なメリットを紹介します。

アイスブレイクのメリット①:コミュニティを形成する

コミュニティは、単に部屋の中で一緒に過ごしているだけでは形成されません。アイスブレイクを活用すると、お互いを知るための扉を開くことになり、それがコミュニティを構築する一歩となります。

アイスブレイクのメリット②:相互作用を引き出す

アイスブレイクは同僚同士の相互作用を引き出します。アイスブレイクを使うことで、オープンな対話をすることや、自分の居心地の良い場所から一歩踏み出して、同僚と関わりを持つことができます。相互関係を構築することで、職場環境を無機質な関係に陥ることを防ぐことができます。

アイスブレイクのメリット③:共感を生み出す

共感力とは、ある出来事や状況を他の人の視点で見ることができる能力のことです。コミュニティに根ざしたチームを構築するためには、共感力が不可欠です。共感力によって、一歩下がって相手の視点を探り、協力して意思決定をする、あるいは相手に与える影響を理解しながら意思決定をすることができるからです。

共感性が欠けていると、チームは効果的に機能することができません。アイスブレイクは、参加者に同僚を別の視点から見る機会を与え、より共感性を高めることができます。

アイスブレイクは時間の無駄のように見えるかもしれませんが、アイスブレイクのメリットはとても大きいことが分かりますね。

アイスブレイクの方法

アイスブレイクには多くの種類があり、それぞれの目的に適したものがあります。ここでは代表的なアイスブレイクを紹介します。

アイスブレイク①:知られていない事実

参加者に、名前・部署・組織での役割・勤続年数などの一般的な自己紹介の他に、自分自身について周囲にはあまり知られていない事実を一つ教えてもらいます。

この「あまり知られていない事実」は、今後の交流の中で、成績や地位などの一般的な属性とは違って、その人の人間味を引き出させる要素になります。その人らしさが垣間見られることで、参加者同士の交流を行いやすくします。

アイスブレイク②:本当か嘘か

参加者に自己紹介をしてもらい、自己紹介文を3~4つ、そのうちの1つは嘘であることを伝えます。次にグループの他の参加者に、自己紹介の中で何が嘘であるかを投票してもらいます。

「本当か嘘か」はお互いを知ることができるだけでなく、グループ内での交流を始めるのにも役立ちます。

アイスブレイク③:インタビューと紹介

まず参加者に2人1組のペアになってもらいます。各人がペアを組んだ状態で、設定された時間内にパートナーにインタビューを行います。グループが再開したら、各人が自分の面接相手をグループの他の人に紹介します。

このセッションもグループ内の交流を始めることに役立ちます。初めにペアを組むことで、参加者との交流に慣れることができるので、他の参加者との交流を行いやすくします。

この他にも、以下のようなアイスブレイクがありますので、興味のある方はぜひ調べてみてくださいね!

  • インタラクション・アイスブレイク:参加者がお互いに関わり合うことを促す
  • シェアリング・アイスブレイク:参加者が情報を共有する
  • チームビルディング・アイスブレイク:協力的な環境を促進する

アイスブレイクの注意点

効果的にアイスブレイクを使用するためにはいくつかの注意点があります。

アイスブレイクの注意点①:明確な目標を持つ

アイスブレイクを使用するか検討する前に、アイスブレイクによって何を達成したいのかを理解することが重要です。目的によって最適なアイスブレイクも異なるので、まずは目標を明確にしましょう。

アイスブレイクの注意点②:シンプルにする

アイスブレイクはシンプルであればあるほど、より効果的なものになります。何時間もかけるものではないです。参加者に深く考えさせたりするのではなく、シンプルなものに設定しましょう。目的は参加者同士の心理的な障壁を下げることにあります。

アイスブレイクの注意点③:タイミング

アイスブレイクは会議の最初に行うのが最も効果的です。しかし会議によっては、アイスブレイクは必ずしも適切なものではありません。難しいテーマを議論する場合には、アイスブレイクは効果的ではありません。

まとめ

アイスブレイク
  • アイスブレイクはトレーニングセッションやチームビルディングイベントを始める際に効果的な方法である
  • アイスブレイクは参加者同士がお互いを知り合い、イベントの目的を理解するのに役立つ
  • アイスブレイクはシンプルなものが良い

以上で今回の記事は終了となります。

アイスブレイクのメリットやポイントを整理して、アイスブレイクを運用してみてくださいね!

転職マネジメントでは転職・キャリアに関する情報を発信しています。Twitterでも情報発信していますので、ぜひチェックしてください!