ジョブローテーションとは?|ジョブローテーションのメリットとコツを紹介

なかのひと
なかのひと

ジョブローテーションについて疑問がある方に読んでいただきたいです。ジョブローテーションのメリット・コツについてシンプルにまとめていますので、この記事を読めばジョブローテーションについて理解していただけるはずです!

みなさんこんにちは、転職マネジメントです!

今回のテーマは「ジョブローテーションとは?|ジョブローテーションのメリットとコツを紹介」です。

ジョブローテーションはよく聞く言葉ですけど、カタカナ言葉であまり意味がわからないですよね。

今回の記事ではジョブローテーションのメリットやヒントを解説しながら、ジョブローテーションについて紹介しています。

ジョブローテーションについて簡単にまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

目次

ジョブローテーションとは?

ジョブローテーションとは、従業員の方が最高のパフォーマンスを発揮できるように人材を適材適所に配置させるための人材管理プログラムです。

ジョブローテーションでは、従業員のスキル・能力・経験を向上させるために従業員を配置転換します。従業員の方があらゆる仕事に当事者意識を持つことのできる人事戦略とも考えられています。

ジョブローテーションは従業員の方に様々な機会を提供することによって、戦力となる人材を見落としてしまうことを防ぐこともできるのです。

ジョブローテーションの目的

ジョブローテーションの目的は、組織の全従業員に成長の機会を提供して職務経験年数に応じて従業員のキャリア成長を実現させることです。

従業員と組織の両方にとって有益で計画的なジョブシャッフルを確実に行うことで、透明で構造化された枠組みを提供し、会社の業績目標を達成することを目指します。

ジョブローテーションのメリット

ジョブローテーションのメリットを次に説明します。

ジョブローテーションのメリット①:モチベーションを維持・向上させる

ジョブローテーションにより従業員はさまざまな仕事を経験することができます。異動先の職場で良いパフォーマンスを発揮するためのモチベーションを高めることができます。

仕事のバリエーションを増やすことで、同じ仕事を続けていくという退屈さを減らすことができます。仕事を異動することによって、従業員の仕事に対する関心を保つことが可能になるのです。

ジョブローテーションのメリット②:スキルアップすることができる

様々なポジションにつくことで、新しい仕事をする必要があります。そのために、新しい役割を果たすために必要な新しいスキルが身につきます。

ジョブローテーションによって仕事のスキルの数が増えることはもちろんですが、スキルアップのスピードも向上します。キャッチアップスピードの向上はビジネススキルの中でも重要なスキルの一つです。

ジョブローテーションのメリット③:優秀な社員を発掘できる

ジョブローテーションを活用することで、従業員により幅広い業務を経験してもらい、従業員の隠れた才能を引き出すことができます。

従業員は様々な業務を経験して組織の働き方を理解し、それぞれの業務の特徴を理解します。業務との相性は従業員によって違うので、どんな業務が自分にあっているのかを見定めることは大切です。

様々な業務に従業員に経験してもらうことで従業員の方の得意分野を特定し、それに応じて専門性を磨くキャリアを推定することができます。

ジョブローテーションのメリット④:自己理解を深め、成長を促すことができる

さまざまな業務に触れることで、自分の得意なことや好きなことを見極めることができます。自分の興味や隠れた可能性を探る機会を得ることができます。

ジョブローテーションは挑戦としての意味合いも強く、必然的に従業員の成長をもたらします。居心地の良い場所の外に押し出すことで、努力が必要になり成長の可能性が高まるのです。

導入のポイント・注意点

次にジョブローテーションを導入する際のポイント・注意点を説明します。

ポイント①:目的を明確に定義すること

ジョブローテーションを形式的に行うことは従業員にとっても会社にとっても良いことではないです。ジョブローテーションによって、従業員が本当に得をするのかを見極める必要があります。目的がなく慣習に従っただけのジョブローテーションはやめるべきです。

目標を設定した後に、目標を達成するための詳細な計画を立てましょう。ジョブローテーションの期間、どこに移動するのか、どんな役割が期待されていることは何なのかを事前にできるかぎりに明確に計画しましょう。

ポイント②:ジョブローテーションの前にテストをすること

ジョブローテーションの前に従業員のスキルと能力をテストします。従業員のスキルや能力をテストして分析し、彼らが得意な仕事に割り当てることが大切です。

ジョブローテーションをする従業員を得意な仕事に配置することで、彼らが能力を最大限発揮して生産性を高めることができます。

ポイント③:トレーニングを提供すること

ジョブローテーションの前には、新しいポジションに適応するためのトレーニングを提供しましょう。新しい仕事を任せるときはその仕事に慣れるために必要なリソースを提供することで、効果的に仕事をこなすことができます。

ポイント④:従業員の抵抗を理解すること

従業員は基本的にジョブローテーションのプロセスを理解しておらず、ジョブローテーションの重要性を理解していないため、ジョブローテーションに同意しません。自分の居心地の良い場所から出てくることが非常に難しいからです。

ジョブローテーションは無駄にはならないことを社員が理解して初めて、社員に受け入れられることになります。従業員の方にジョブローテーションの重要性を認識させ、ジョブローテーションがその人のキャリアにどのようなメリットがあるのかを理解してもらう必要があります。

不安に耳を傾けコミュニケーションをとり、不安を軽減してはじめて、従業員の方がジョブローテーションを受け入れることができるのです。ジョブローテーションは強制ではなく、従業員の選択肢の一つであるべきです。

従業員の方が自発的にジョブローテーションに参加したいと思えるような仕組みづくりに注力するべきでしょう。

ポイント⑤:フィードバックをマメに与えること

フィードバックはとても大切です。慎重に従業員のパフォーマンスをモニタリングしましょう。可能であれば社員一人一人にメンターを割り当てられれば理想的です。

フィードバックによるコミュニケーションをとることで、新しい仕事に赴任した従業員も仕事の進め方に対する疑問を解決することができます。

ポイント⑥:結果を早急に期待しないこと

ジョブローテーションした社員が新しい仕事に慣れるには、ある程度の時間が必要になります。慣れるまで期間では、他の社員と比較してパフォーマンスが部分的に低下することもありますが、多くの場合は一時的なものです。

多少の非効率的な業務はジョブローテーションにかかるコストですが、そのコストを上回るメリットがジョブローテーションにはあります。

ジョブローテーションを成功させるポイント

ジョブローテーションを成功させるためには計画を立てて取り組むことが重要です。成功しているジョブローテーションには、以下のような特徴があります。

ジョブローテーションを成功させるポイント①:測定可能な指標を設定する

ジョブローテーションの成果を判定する際には、抽象的な判定基準ではなく測定可能な指標を設定しましょう。

計測できる指標を設定することで評価することが簡単になるだけではなく、日々の業務をモニタリングする手間も省くことができます。

ジョブローテーションを成功させるポイント②:文書化を徹底的にする

業務を記録に残すことは一般的にも重要なビジネス慣習でありますが、ジョブローテーションプログラムでは特に重要になります。

文章化はジョブローテーションをした当人のためはもちろんですが、今後にジョブローテーションする後輩のための情報にもなります。一個人のための資料として作成するのではなく、会社全体で共有できる文章化・資料作成を心がけましょう。

ジョブローテーションを成功させるポイント③:状況に応じて調整する

ジョブローテーションが計画通りに進むことは少ないのかもしれません。定期的に業務状況をモニタリングして、改善の余地があれば柔軟に調整をしましょう。

文章化を行ない記録を取ることができていれば、調整するポイントを理解することもできます。

まとめ

ジョブローテーション

ジョブローテーションは、比較的短い期間で企業内のいくつかのポジションを介して従業員を移動する人材管理プログラム

以上で今回の記事は終了となります。

ジョブローテーションについてメリットなどをふまえて簡単に解説させていただきました。

この記事でみなさんが、ジョブローテーションについて理解していただくことができたら嬉しく思います。

転職マネジメントでは、転職・キャリアに関する情報をtwitterでも発信していますので、ぜひチェックしてください!