サブスクリプションとは?|サブスクリプションのメリットとヒントを解説

なかのひと
なかのひと

この記事を読んで欲しい人

サブスクリプションとは何なのか」を知りたい人に読んでいただきたいです。サブスクリプションのメリットとヒントについても解説しているので、この記事を読めばサブスクリプションについて人並み以上に理解できるはずです!

みなさんこんにちは、転職マネジメントです!

今回のテーマは「サブスクリプションとは?|サブスクリプションのメリットとヒントを解説」です。

サブスクリプションのメリットやヒントを解説しながら、サブスクリプションビジネスモデルについて紹介しています。サブスクリプションについて簡単にまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

目次

サブスクリプションとは?

サブスクリプション(subscription)という単語は、予約購読・定額制・会費という意味になります。今回の記事ではサブスクリプションをテーマにした、サブスクリプションのビジネスモデル(以下ではサブスクリプションビジネスとします)について解説します。

サブスクリプションビジネスはユーザーが製品やサービスの利用と引き換えに定期的に金額を支払うことを基本としており、顧客獲得よりも顧客維持に焦点を当てています

顧客維持に努めることでサービスを継続的に利用してもらい、定期的に支払いをしてもらうことで収益をあげているのです。

サブスクリプションビジネスの歴史は意外と古く、1600年代に新聞社や書籍出版社によって初めて導入されました。新聞や雑誌を購読している方も多いので、知らず知らずのうちにサブスクリプションビジネスを利用している方も多いのではないでしょうか?

例えばマンガ雑誌だと、雑誌を一回だけ購入してもストーリの全体を追うことはできないです。ユーザーが週刊誌・月刊誌を継続的に購読することをベースにしてサービスを提供しているのです。

新聞にしても、新聞を1日だけ購入しても社会全体を継続的に知ることはできないので、ユーザーが継続的に購読することを軸にしてサービスを提供しています。

サブスクリプションビジネスは一回のみのサービスを提供しているのではなく、長期的で継続的なサービスを提供しているのです。サブスクリプションビジネスは長期的な売上を保証することになるため、収益モデルを強固なものにします。収益予測や事業計画が立てやすくなるのです。

現代のサブスクリプションビジネス

サブスクリプションビジネスは新しい概念ではないですが、デジタル技術がサブスクリプションビジネスを大きく変えています。デジタル技術によって、サブスクリプションビジネスを行うことが企業にとって簡単になっているのです。

例えばPayPalやStripeなどの決済システムを導入することで、多額の投資をすることなく、定期的な支払いシステムを採用することが可能になりました。その他にもマーケティングツールや顧客管理ツールといったデジタル技術によって、サブスクリプションビジネスを充実させることができます。

デジタル技術が発展したことによって、サブスクリプションビジネスを導入する業界や企業が増加しているのです。

サブスクリプションビジネスのメリット

サブスクリプションのメリットの代表例を紹介します。

サブスクリプションビジネスのメリット①:顧客との関係性構築

顧客と良い関係を築くためにはコミュニケーションを取ることが大切です。サブスクリプションビジネスでは、顧客とコミュニケーションをとる機会を増やすことができます

サブスクリプションビジネスではフィードバックを得る機会が多いです。その月毎のフィードバックを見るとで、ユーザーの動向を確認することができます。これにより、サブスクリプションビジネスが成功・失敗するポイントで把握することが可能になります。

そもそもサブスクリプショサービスを活用してくれる顧客はロイヤリティが高いのかもしれません。定期割引が理由なのか、サービスのブランドが好きなのか、ロイヤリティが高い要因はたくさんあります。

サービスを継続的に利用してくれる顧客を大切にして、良い関係性を築くことがサブスクリプションビジネスにおいてとても重要です。

サブスクリプションビジネスのメリット②:収益が安定する

サブスクリプションビジネスで顧客との良い関係性を築くことができると、顧客との長期的な関係が構築されます。ロイヤリティのある既存顧客との取引によって安定した収益を得られるのです。

新しい顧客を獲得するよりかは、既存顧客との関係性を築く方が企業にとっては生産的に活動することができます。一人一人にその場その場で対応するよりかは、すでに関係性のある顧客のニーズの方が理解できますし対応しやすいからです。

サブスクリプションビジネスは顧客の生涯価値を大幅に高めて、収益の増加と顧客関係の強化につながります

サブスクリプションビジネスのメリット③:予測可能性が向上する

サブスクリプションビジネスでは、ユーザー数によって毎月の収益を予測することができます。ユーザー数には多少の変動があるかもしれませんが、将来の収益を妥当な数字で予測することもできます。

製品やサービスを単発で販売している企業にとっては、収益を予測することはとても難しいことです。顧客がもう一度買ってくれるのか、どのくらいの頻度で購入にしてくれるのか、それくらいの数を購入してくれるのか、全く検討もつきません。

予測可能性が向上することはビジネス判断に貢献します。サブスクリプションビジネスによって、会社の成長を促す妥当で挑戦的な事業計画を策定することも可能になるのです

サブスクリプションビジネスのメリット④:サービスのカスタマイズ

サブスクリプションビジネスでは、顧客の様々な情報を入手することができます。ユーザーの行動を把握することで、ユーザーのニーズをよりよく理解することができ、サービスをカスタマイズすることができます。

顧客のニーズをもとにサービスをカスタマイズすることによって、顧客満足度を向上させることができます。

サブスクリプションビジネスモデルの例

次に代表的なサブスクリプションビジネスモデルを5つ紹介します。

サブスクリプションビジネスモデル①:フリーミアム

フリーミアム(freemium)とは、free(無料)とpremium(割増)で作られた造語です。意味としては基本的なサービスは無料で提供され、より高度な機能は有料になるというビジネスモデルになります。

代表的なサービスとして音楽ストリーミングサービスのSpotifyです。限られた機能は無料で、より高度な機能は有料のアップグレードが必要になります。誰でも無料で音楽を聴くことができますが、無料プランではコマーシャルを聴く必要があります。

まずは無料でサービスを提供することによって、ユーザーの関心・ロイヤリティを高めることができます。フリーミアムをビジネスモデルとして採用する場合は、顧客が課金したいと思う有料機能を用意すること、顧客が継続的に使用したいというサービスを提供することが大切です。

サブスクリプションビジネスモデル②:オープンメンバーシップ

オープンメンバーシップでは、全てのユーザーがサービスにアクセスできて、有料メンバーシップになると特典が得られるというビジネスモデルになります。

Amazonがオープンメンバーシップの分かりやすい例です。Amazonでは全てのユーザーがアマゾンマーケットプレイスを活用することができます。プライム会員になると配送料無料などのサービスを受けることができます。

フリーミアムとオープンメンバーシップとの違いは、フリーミアムは無料プランでは機能が制限されており、有料プランになって初めて企業が提供するサービスを体験することができます。

一方でオープンメンバーシップでは、無料プランでも提供サービスを体験することができるけれども、有料プランに登録することでプラスαのサービスを受けることができる点です。

サブスクリプションビジネスモデル③:クローズドメンバーシップ

クローズドメンバーシップでは、料金を支払うユーザーのみがサービスを体験することができます。課金をすることでサービスへのアクセスを許可する仕組みです。

クローズドメンバーシップの代表的なサービスはネットフリックスです。ネットフリックスでは定額料金を支払うことによって、サービスにアクセスすることができます。記事執筆時(2021年1月)では無料体験が設けられておらず、ネットフリックスを視聴するには定額制プランに申し込む必要があります。

サブスクリプションビジネスモデル④:無料サブスクリプション

無料サブスクリプションの目的は、そのサービスによって収益を得るのではなく、顧客との関係性を構築することにあります。例えばメールマガジンやニュースレターが無料サブスクリプションの例です。

ユーザーは無料で情報を入手することができる代わりに、自分自身についての情報を提供します。企業は顧客の行動をよりよく理解することで、最適なサービスの提案をすることができるのです。

サブスクリプションビジネスモデル⑤:購入型サブスクリプション

購入型のサブスクリプションでは、顧客が定期的に特定の製品を購入することができます。生活必需品で用いられているケースが多く、例えば定期的に飲料水を購入するサービスもあります。

アマゾンの定期おトク便サービスも購入型のサブスクリプションの代表例です。割引価格で定期的に商品を購入することができて、自動的に商品を届けてくれます。

サブスクリプションビジネスを成功させるヒント

サブスクリプションビジネスを成功させるヒントを紹介します。

サブスクリプションビジネスのヒント①:顧客との関係性に注力する

サブスクリプションビジネスはでは、顧客との長期的な関係性を構築することが大切です。顧客がサービスに対して不満であると顧客は解約してしまいます。顧客と長期的で信頼のある関係性を築くことを目標にしましょう。

顧客との関係性を築くためには、顧客を理解しなければいけません。顧客を理解するためにためは、サービスを通じて顧客の消費行動に関するデータを取得すると良いでしょう。

顧客のことを知り、顧客のニーズに合わせてサービスをカスタマイズすることで長期的な関係性が築けるはずです。

サブスクリプションビジネスのヒント②:早い段階での計画策定

サブスクリプションビジネスでの目標を早い段階で定義する必要があります。目標を策定することによって、価格設定を決めることができるからです。

価格設定では想定するユーザーの支払い能力を考慮する必要があります。適切にユーザーをターゲットにしましょう。

サブスクリプションビジネスは収益を予想できるので、会社の規模を拡大するにはとても効果的な収益構造です。予想収益と解約率・運営コストと照らし合わせることで、計画が持続可能であるかを検証しましょう。

サブスクリプションビジネスのヒント③:登録・課金プロセスの合理化

ユーザーがサービス登録時に離脱しないように、できるだけ簡単に申し込む仕組みを構築しましょう。

課金プロセスも同様で、信頼性を担保させつつも快適な体験でなければユーザーが離脱してしまう恐れがあります。Stripeなどのデジタル技術を活用しても良いのかもしれません。

サブスクリプションビジネスのヒント④:モデルの選択

先述した通り、サブスクリプションビジネスモデルにはいくつかの種類があります。その中でも自社にとって最適なサブスクリプションビジネスモデルを選択しましょう。

モデルによってビジネスに与える影響は異なっています。したがってサブスクリプションビジネスモデルを選択する際には、価格モデルとしてではなく、戦略モデルとして採用すると良いのかもしれません。

モデルを選択した後に、価格設定を再評価するプロセスを設けましょう。例えば四半期ごとに価格設定の分析を行うことで、ビジネスの課題を発見する良いきっかけになります。

まとめ

記事のまとめ
  • サブスクリプションビジネスとは
    • ユーザーが製品やサービスの利用と引き換えに、定期的に金額を支払うことを基本にするビジネスモデル
    • ユーザーが製品やサービスの利用と引き換えに、定期的に金額を支払うことを基本にするビジネスモデル
  • 代表的なサブスクリプションビジネスのメリット
    • 定期的な収入が保証されている
    • 顧客との関係性を構築することができる

今回の記事ではサブスクリプションビジネスには様々なメリットがあることを紹介できたと思います。

しかし顧客との長期的関係性を構築するには顧客がお金を払っても良いと思えるように、継続的にサービスを改善していく必要があります。

そんなプレッシャーと闘いつつも、サブスクリプションビジネスのメリットを生かして成長する企業は素晴らしいですよね。

以上で今回の記事は終了となります。

この記事で少しでも、みなさんがサブスクリプションについて理解していただくことができたら嬉しく思います。

転職マネジメントでは、転職・キャリアに関する情報をtwitterでも発信していますので、ぜひチェックしてください!