コアコンピタンスとは?|コアコンピタンスを強化するには?

なかのひと
なかのひと

コアコンピタンスについて疑問を感じている人に記事を読んで欲しいです。コアコンピタンスについて簡単にまとめてあるので、コアコンピタンスのポイントを理解することができます。

みなさんこんにちは、転職マネジメントです!

今回のテーマは「コアコンピタンスとは?|コアコンピタンスを強化するには?」です。

コアコンプタンスについて紹介しています。簡単にまとめていますので、ぜひ参考にしてください!

目次

コアコンピタンスとは?

コアコンピタンスは、ビジネスでの競争を勝ち抜くために必要な中核的な能力です。コアコンピタンスは製品・サービス・技術など幅広い領域に影響を与えます。

コアコンピタンスは他社が簡単には真似できない優位性でもあります。会社の強みを生み出す源泉なのです。

コアコンピタンスには代表的な特徴はいくつかあります。

  • 競争相手との差別化・模倣困難
  • 多種多様な製品・サービスの応用方法

別の角度からコアコンピタンスを定義すると、コアコンピタンスは 組織の集合的な学習や多様なスキルを調整し統合する能力と定義している研究者もいます。

コアコンピタンスを競争力の源泉となる中核的で統合的な能力ということです。

コアコンピタンスの効果

コアコンピタンスの1番のメリットは長期的な競争力を持つことができることです。他社に製品・サービスを一時的に模倣されたとしても、コアコンピタンスによる長期的な競争力によって優位性を保つことができます。

では、コアコンピタンスによって獲得できる長期的な競争力・メリットを紹介していきます!

コアコンピタンスの効果①:競争相手との差別化・模倣困難

独自性はビジネスで大切な要素であり、稼ぐ力の源泉ともいえます。企業にとって独自性を確保することは重大な課題です。

コアコンピタンスは独自性を生み出す源泉としても考えられています。会社ならではの特色のある製品・サービスを生み出すコアコンピタンスの一例として、組織能力(優れた仕事の進め方)があります。

優れた仕事の進め方を確立している企業は、素晴らしいオペレーティング能力によって独自性のある製品・サービスを継続的に生み出す確率が高いです。

一つの商品・サービスを模倣されたとしても、会社の中核に素晴らしい仕事の進め方などのコアコンピタンスが存在していれば、競合相手との差別化をすることができるのです。

コアコンピタンスの効果②:製品・サービスの多種多様な応用方法

コアコンピタンスは特定の製品・サービスを生み出す能力ではありません。会社組織の中核にある仕事の進め方や、技術力、営業力、といった総合的な能力のことをいいます。

例えばある会社が飲料水を製造しているとします。その会社は美味しい水を生産・販売することが得意です。この会社のコアコンピタンスを深掘りしていくと、会社の強みとして、美味しい水を生産・販売する能力の他にも強みがあることが明らかになってきました。

美味しい水を生産するには、そもそも水を綺麗に管理しないといけないので、水を綺麗に管理する能力もあることになります。

水を綺麗に管理する能力をさらに深掘りしていくと、最終的に配管を効率的に調整する能力に突き当たったとします。ではこの配管を効率的に調整する能力を他のビジネスに応用するにはどのようなアイディアが考えられるでしょうか。

例えば、高層ビルの水道設備を効率的に運用することができるかもしれません。社会的に環境問題の重要性が高まっている現代では、水の無駄をなくして環境に優しい行動をすることが求められています。

配管を効率的に調整する能力が、高層ビルの水資源の効率化を実現できるのであれば、そこにニーズがあるはずです。

このようにコアコンピタンスをベースにして事業構想を練っていくと、美味しい水を生産・販売するビジネスモデルから、水資源の運用システムというビジネスモデルまで、ビジネス構想が広がります。

コアコンピタンスはビジネスを多種多様に応用する際の源になることがわかりますね。

コアコンピタンスを強化する方法

コアコンピタンスを強化するには、特定の部門ではなく組織全体を強化しなければなりません。得意とする能力や競争上の優位性を特定し、それを組織全体の強みに発展させる必要があります。強みを発展させる際は、その強化の方向性を吟味すると良いでしょう。

顧客が自社に対して何を求めているのかを理解した上で、価値のある強みを強化するための投資をしましょう。自社のコアコンピタンスがわかりにくい場合は、競合会社と比較して自社と他社との違いを整理してみるとよいかもしれません。

コアコンピタンスを強化するには目標設定も大切です。ロードマップを作成することをお勧めします。ロードマップを作成してからも事業規模が拡大するにつれて、コアコンピタンスを見直すことを忘れずにしてください。

場合によっては選択と集中という観点から、非中核ビジネスを外部に委託することや事業を売却することで、コアコンピタンスの強化に割けるリソースを増やす必要もあります。

コアコンピタンスを強化するには、組織全体のサポートが必要になります。組織全体でコアコンピタンスを強化する文化を作るために、社員のみなさんに戦略的な視野や価値を伝えましょう。

コアコンピタンスの重要性を共有することで、社員さんの理解を得ることができれば、自然とコアコンピタンスを醸成することができる文化を作り上げることができます。

まとめ

コアコンピタンス

コアコンピタンスとはビジネスでの競争を勝ち抜くために必要な中核的な能力のことで、製品・サービス・技術など幅広い領域に影響を与える。

以上で今回の記事は終了となります。

この記事で  コアコンピタンスについて理解していただくことができたら嬉しく思います。

転職マネジメントでは、転職・キャリアに関する情報をtwitterでも発信していますので、ぜひチェックしてください!