コンバージョンとは?|コンバージョンが大事な理由は?

なかのひと
なかのひと

この記事を読んで欲しい人

コンバージョンについて疑問を持っている方に読んでいただきたいです。この記事ではコンバージョンのヒントなどを簡単にまとめてあります。目を通していただければ、コンバージョンに対しての大まかな知識を得ることができると思われます。

みなさんこんにちは、転職マネジメントです!

今回のテーマは「コンバージョンとは?|コンバージョンが大事な理由は?」です。

コンバージョンについてシンプルに解説していますので、ぜひ参考にしてください!

コンバージョン率とは?

マーケティングや広告の世界では、コンバージョン率の話をよく耳にすることがあります。

しかし、正確にはコンバージョン率とは何か、そしてそれはどのように機能するのでしょうか?この記事では、この重要なマーケティング用語を説明します。

コンバージョン率の定義

定義がわかりにくいマーケティング用語が多い中、コンバージョン率はシンプルな用語として理解されています。コンバージョン率とは、サイト訪問者が特定のアクション(コンバージョン)を完了した率のことです。サイト訪問者の総数とゴールを達成した訪問者の総数を考慮して、パーセンテージで表されます。

ほとんどのコンバージョン率は、リードコンバージョン率または売上コンバージョン率の2つのカテゴリのいずれかに分類されます。

リードコンバージョン率

多くのデジタルマーケティングの目的は、リードを生成することです。これには多くの場合、ニュースレターに登録したり、コンテンツをダウンロードしたりする際に、その人の名前とメールアドレスを取得することが含まれます。

リードコンバージョン率とは、ページ訪問者が登録することでリードになった割合のことです。

売上コンバージョン率

売上コンバージョン率は、サイトやランディングページの訪問者の何%が販売を完了するかを計算します。これは、リードコンバージョン率とは異なり直接的なものです。すべてのマーケッターは何かを販売していますが、多くの状況ではランディングページでセールスケースを作ることができます。

例としては、ソーシャルメディア広告で、セールスのあるランディングページに誘導することが挙げられます。このシナリオでのコンバージョンは、広告をクリックして購入に至るユーザーです。

セールスコンバージョン率とは、このキャンペーンから誘導されたサイト訪問者のうち、実際に購入した人の割合です。

平均および平均以上のコンバージョン率

では、平均的なコンバージョン率とは何でしょうか?コンバージョン率は、業界や製品やピッチの性質によって大きく異なりますが、ある業界の専門家は、最近のランディングページの平均コンバージョン率を2.35%としています。

上位25%のサイトのコンバージョン率は5.31%で、上位10%のサイトでは平均11%以上となっています。

コンバージョン率の計算方法は?

コンバージョン率の計算は簡単です。コンバージョン率の計算式は、コンバージョン数を訪問者数で割ったものです。

計算をすることは特に複雑ではありません。コンバージョン数とページ訪問者数を知る必要があるだけです。多くの場合、現在のマーケティングキャンペーンの日付範囲に合計を制限したいと思うでしょう。

コンバージョン率最適化(C R O)のヒント

基本的に、オンラインビジネスを成長させるには、売上アップを期待してウェブサイトへのトラフィックを増やすか、コンバージョン率を向上させて現在のトラフィックを有料の顧客に変えるかの2つの方法があります。

ウェブサイトで厳密な実験を行い、そのデータを活用してコンバージョン率を向上させることは、将来的にも売上を上げ続けることができる、はるかに安価で効果的な戦略です。

コンバージョン率を最適化することは、新規ユーザー獲得のためのコストを大幅に削減することを意味し、収益にプラスの影響を与え、マーケティング費用のROIを向上させます。

すでに持っているトラフィックの価値を最大化するためには、常にテスト、実験、積極的なリスニングを行い、より高いコンバージョン率のためにeコマースウェブサイトのあらゆる側面を微調整する必要があります。

ヒント①:ランディングページをレスポンシブにする

Facebookに広告を掲載して、モバイルユーザーがクリックして、「壊れている」または「小さすぎて読みにくい」サイトを見つけた場合、そのユーザーをコンバージョンさせる方法はありません。

ランディングページが、モバイル向けに最適化されたレスポンシブであることを確認してください。

ヒント②:コールトゥアクションを明確にする

コンバージョンボタンが非常に見やすくなっていることを確認してください。ユーザーは、スクロール、スワイプなどをしている可能性があります。

ヒント③:A/Bテスト

コンバージョン率の最適化とは、ウェブページのパフォーマンスを段階的に向上させるためのデータを収集することです。そのための最良の方法の一つは、サイトの様々なコンポーネントをA/Bテストすることです。

1つの変数に小さな変更を加えると、その変更がコンバージョン率の向上につながります。週に2、3回のサイトテストを行うことで、あなたのウェブサイトが常に少しずつ改善されていることを確認することができます。

テストを始める前の最初のステップは、あなたのウェブサイトのセールスファネルを調べ、より高いコンバージョン率を達成するために改善される可能性のあるポイントを特定することです。

この種のデータを収集する最善の方法は、Google Analyticsでコンバージョンレポートを研究して、人々がどのようにサイトを移動しているかを確認するだけでなく、どこから落ちていったかを特定することです。

データを収集し、潜在的なコンバージョンの問題点を特定したら、次に実験を実行するウェブサイトのどの側面を決定するかを決定することに移ります。これは、あなたが最適化しているコンバージョン目標によって異なります。

Google Analyticsでは、ゴールは、訪問者が特定のタスクを完了し、ウェブサイトをナビゲートする方法を測定するために使用されます。目標の例としては、ニュースレターの購読、直接の問い合わせ、予約、購入などが考えられます。

すべては、エントリーポイントから最終的なコンバージョンに至るまでの訪問者のためにマップされた理想的なコンバージョンパスに集約されます。

テストしたい具体的な要素(CTA、ページの色、レイアウト、コピーなど)、ターゲットオーディエンス(オーガニックトラフィック、既存顧客、リードなど)、ウェブサイトの特定のページ(ホームページ、製品ページ、ランディングページなど)を特定することで、仮説を立て、各実験の目的を作成することができるようになります。これがすべて完了したら、A/Bテストに移りましょう。

なぜコンバージョン率は重要なのか

コンバージョン率は、複数の広告チャネルのパフォーマンスを比較対照するための効果的な方法です。コンバージョン率は、各キャンペーンの成功度を測定できるため、モバイルユーザー獲得を実行する際に特に重要です。また、キャンペーンを拡大する際にROIの期待値を設定するためにも使用できます。

コンバージョン率は必ずしもクリック数を指す必要はないです。例えば、アプリのインストールやアプリ内アクションを完了したユーザーの割合を計算することができます。

これは、広告主やマーケティング担当者にとっても、価値のあるユーザーを特定するのに役立つため、重要なことです。この情報をファネルにフィードバックすることで、ターゲティングを支援し、キャンペーンのパフォーマンスを最適化することができます。

コンバージョン率分析を正しく使用すると、特定のアプリのプロモーションに最も効果的なチャネルを明らかにすることができ、広告主はコピーの効果を判断し、戦略的な意思決定の指針とするのに役立ちます。

コンバージョン率が予想よりも低いことがデータに示された場合は、アプリのUXの問題点(例えば、ユーザーがサインインに問題を抱えている場合など)を発見したり、その他の改善すべき領域を強調したりするために使用することもできます。

モバイル広告業界全体の成功を定義するために使用できる単一のコンバージョン率はありませんが、業界のベンチマークや業種別のコンバージョン期待値の調査が役立ちます。この調査を利用して、これらの数値をチャネルや広告主の選択を超えた自社広告キャンペーンのパフォーマンスと比較することができます。

まとめ

コンバージョンについて簡単にまとめます。

まとめ
  • コンバージョンにはリードコンバージョンと売上コンバージョンがある
  • トラフィックを増やすよりも、コンバージョンを上げる方が安価で効果的

以上で今回の記事は終了となります。

この記事でコンバージョンについて理解していただければ幸いです。

転職マネジメントでは、転職・キャリアに関する情報をtwitterでも発信していますので、ぜひチェックしてください!